カテゴリ:なんちゃって・・・小説家( 5 )

切ない気持ち Ⅴ

聡君とは、一年間
友達以上恋人未満の関係をつづけていました。
つまり、手も触れずにいつも少しだけ距離があるかんじ。

私としては、『これって、付き合ってるんだよねぇ???』
って思ってしまうくらいの信頼感を持って接していました。
今日だって、台風接近中をネットで知ったのか、
メールがきて・・・
家のほうは大丈夫???
ってねぇ♪

嬉しくわぁ

プラトニックLOVEまま・・・・

そう、聡君は、あの日を堺に、英会話もこなくなったんです。
留学とゆう、夢を諦め切れずに、オーストラリアのメルボルンにて
英語の勉強をしに行ってしまいました。

そして、10月1日に戻ってくることが確定しました。
[PR]

by miki_k23 | 2006-09-17 15:24 | なんちゃって・・・小説家

切ない気持ち Ⅳ

聡君とは、
お互い仕事の後に英会話に来たからお腹も空いてたらしく、
食事もしなからの会話。

仕事の話、
家族の話、
旅行の話、
をしててあっとゆう間に二時間くらい経っていました。

ふと、お皿を見て聡君が一言
「あれぇ、減ってないじゃん。料理食べないの?」
って・・・・

そう、私には異性と食事をする際、困ったことが発生します。
それは、どんなにお腹が空いていても
喉に通らないので少しの料でお腹イッパイになって
しまうのです。
逸の頃からか、気になる異性の前だと
「食事をする」
とゆうこが、「恥ずかしい」と思ってしまうのか
食べれなくなってしまったのです。

でもそのことは、私にとっては
都合の良い、バロメータです。
聡君のこと本気で好きなんだなって思いました。


つづく・・・
[PR]

by miki_k23 | 2005-09-25 17:36 | なんちゃって・・・小説家

切ない気持ち Ⅲ

初めての、聡君と1対1(デート!?)
超、ギコチない二人ってゆうか、私は
緊張しすぎて、自分でも何を言ってるのか
???が頭の周りを回ってる。

「仕事大変なん?」
『そんなことないよ』
「主にどんな事してるん」
     ・
     ・
     ・

本当に聞きたい事は、
【彼女いるの?】
なのに!!なんか世間話ばかり
で沈黙はあるし、気まずいしどうしていいのやら・・・

コーヒーを頼んだものの、味がわらかないほどで
いつもは、ブラックで飲むのに砂糖イッパイいれちゃった(汗)



つづく・・・
[PR]

by miki_k23 | 2005-09-16 20:57 | なんちゃって・・・小説家

切ない気持ち Ⅱ

私の英語力は、、1年間留学していたお陰で、少し話せるようになったとはいえ
難しい単語等は一切分からずじまいだし、憶える気もないらしく、
左耳から入っても右耳から抜けていく位の上達のなさで、
毎週木曜日皆の話についてくのがやっとでした。

でも、聡君は
私よりもかなり英語が話せていつも凄いなって思ってました。
私も、あんなふうに、英語を話せるようになりたいと
ずっと、憧れていました。

一年前のこと・・・

聡君は、一人エリートぽいた、たずまいで
なかなか話しかけることができずに、会話といえば、
「こんばんわ」「お疲れ様でした。」
でした。今日は、話しかけてみようって
英会話が始まる前から、ちゃんと化粧なおしをして
授業が終わるのを心待ちにしていました。

なんてったって、一週間以上前から、どんな話をしようが、頭んなか
グルグルまわってたことだもん。

やっとのこさ、終わったんで、
「お疲れ様でした。今日、この後時間ありますか?」
って声をかけてみました。
「え!!」て、聡君はビックリした表情で私をみました。
「ちょっと、お茶しません」
これって、逆ナンって内心思いながら・・・
「あ~いいですよ。」
てな具合で、初会話(嬉)
心臓バクバク(こんな、気持ちって久しぶり
なんか、1分くらいの出来事が凄く長くかんじた。

つづく・・・
[PR]

by miki_k23 | 2005-06-26 17:07 | なんちゃって・・・小説家

切ない気持ち Ⅰ

私が、聡君とあったのは、三年前。。。
同じ英会話を習っていました。

毎週木曜日の英会話。いつの頃からか、平日は、
適当にお化粧して、なーんとなくある服を着て会社にでかけていたのに・・
木曜日だけは、お洒落をするようになっていました。
それに気づいたのは、一年前。

「なんで、毎回木曜日って朝時間がかかるんだろう」

と不思議におもってきた時でした。

月曜日は、茶道教室にも通っていた私。
でも、月曜日は、通常時間で済んでたって。。。
もっと、早く気づけば、よかった・・・・

つづく
[PR]

by miki_k23 | 2005-06-17 14:43 | なんちゃって・・・小説家